沖縄 戦前の琉装の上着 芭蕉布製(セットA)

着丈125㎝ 身幅66.8㎝ 袖の長さ34㎝ 袖の幅55㎝ 1680g
背当て布は八重山の苧麻布に藍の型染。
戦前の首里の露店市場の記録写真に同じものを着用した女性の姿が多数確認出来ます。
1971年に四国のコレクターより入手した物です。

セットAの価格(平良敏子作の絣の着物地2本と、当品との計3点セット)550,000円
当商品はセット販売です。単品でのお取り扱いは行っておりませんのでご了承下さい。

沖縄 絣芭蕉布 着物地 平良敏子 1970~74年(セットA)

細縞模様 幅35㎝x長さ11.5m 660g 平良敏子作 1970年平良敏子工房にて入手
絣模様 幅36㎝x11.9m 600g 平良敏子作 1974年日本民芸館展にて入手
個人蔵

セットA 価格(絣着物地2本及び琉装上着1着の計3点)550,000円
この品物は、着物地2本と琉装の上着1着との計3点でのセット販売になります。
単品でのお取り扱いは致しておりませんのでご了承ください。