出西焼 コーヒーカップ・ソーサー 呉須(Syussai Cup&saucer/ blue)

¥3200

島根県の民芸品「出西(しゅっさい)」の作品です。
日本の民窯でありながらイギリスの調度品のようなどっしりとした雰囲気が特徴です。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

昭和22年(1947年)、島根県出西村にて5人の青年が創業した「出西窯」は、昭和28年(1953年)に柳宗悦、浜田庄司、バーナード・リーチ各氏の指導のもと、島根伝統の布志名焼を根底に意識しつつもイギリス風の質実剛健な、まさに和洋習合の生活品といった風情の陶器を生み出す日本有数の民窯となりました。工業デザイナー 柳宗理氏の監修によるデザインも取り入れる等、伝統工芸の枠に留まらない物づくりとその姿勢は、国内外問わず多くのファンを生み続けています。
このカップ&ソーサーは、呉須釉をかけた落ち着いた青色が特徴です。手作りならではの釉薬のムラが、空や海のような自然のありようをも彷彿とさせる美しい品です。
カップのサイズ 7.6×10.0x7.1㎝ 164g
ソーサーのサイズ 14.6×14,6×2.3㎝ 259g
カップのおおまかな容量 150cc(カップのくびれ部分あたりまでの容量)

追加情報

重さ 423 g
大きさ 14.6 x 14.6 x 9.0 cm