出西焼 ティーポット アイボリー(Syussai Teapot/ivory)

¥12000

島根県の民芸品「出西(しゅっさい)」の作品です。
日本の民窯でありながらイギリスの調度品のようなどっしりとした雰囲気が特徴です。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

昭和22年(1947年)、島根県出西村にて5人の青年が創業した「出西窯」は、昭和28年(1953年)に柳宗悦、浜田庄司、バーナード・リーチ各氏の指導のもと、島根伝統の布志名焼を根底に意識しつつもイギリス風の質実剛健な、まさに和洋習合の生活品といった風情の陶器を生み出す日本有数の民窯となりました。工業デザイナー 柳宗理氏の監修によるデザインも取り入れる等、伝統工芸の枠に留まらない物づくりとその姿勢は、国内外問わず多くのファンを生み続けています。
このティーポットは、やわらかいベージュ色の釉薬が特徴です。注ぎ口の内部に茶こし様の小さな穴が開いたパーツがあるので、紅茶のどの茶葉を入れることが出来ます。直火にはかけられませんのでご了承ください。

ポットのおおまかな容量 約520cc(9割程度水をいれた場合)

追加情報

重さ 507 g
大きさ 18.5 x 11.0 x 12.1 cm