木曽 湯桶

¥3980

木曽(長野県)の職人が作る、昔ながらの湯桶です。さわら材を赤銅で巻いた丈夫な品です。
銭湯や温泉でも使用されている定番の生活工芸品です。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

長野県木曽福島の職人さんに直接発注し、作ってもらっている昔ながらの湯桶です。おひつ等にも使われる丈夫なさわら材を赤銅の帯で巻いた、昔ながらの伝統的な道具です。
銭湯や温泉でも実際に使われているプロ用?の品でもあります。
また、「釜あげうどん」等の容器として使われることもあります。
ご自宅のお風呂に、銭湯めぐりのお供に、是非お使い下さい。使用後は流水で簡単に表面のぬめりを流し、陰干しで乾かして下さい。直射日光には当てずに保管してください。
※この製品には保護用の樹脂ラップがかかっており、写真はその状態で撮影しています。製品が白く見えるのは照明がラップに反射しているためで、実際の質感とは異なります。
※衛生用品につき、未使用であっても返品、交換は致しかねますのでご了承ください。

追加情報

重さ 441 g
大きさ 22.3 × 22.3 × 11.5 cm