染付印判なます皿 明治 三種菊(Side-dish bowl 1900’s Japan.Three chrysanthemum)

¥1900

明治時代に作られた「なます皿」(平鉢)です。当時主流のスタンプによる絵付けが前面に施された「染付印判」の器です。
おかずを盛るための一般的な形状の食器です。縁の模様は牡丹と三種類の菊、内部には当時の慣習で松竹梅の文様が入っています。使用の形跡がなく、新品の状態です。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

1900~1910年代(明治後期)に作られたと思われる、「なます皿」(平鉢)です。「なます(膾)」は現在は大根やニンジンを細く切って酢で和えた副菜のことを主に指しますが、もともとは貴族の酒宴等で出された、薄切りにした肉を香辛料や酢で和えたもので、現在でいうところの「刺身、たたき、カルパッチョ、ローストビーフなどに相当する料理」です。のちに肉の代わりに野菜の和え物になり、これが転じておかず一般を盛る皿をこう呼んでいたようです。
当時の食器は皿と言っても縁の上った「平鉢」型が多いですが、当時の日常のおかずは基本的に煮物であり、汁を受けるために鉢型になっています。
 デザインは、当時の一般的な食器の慣習として、前面にスタンプで絵柄を付けた「染付印判」の器です。これは明治時代に初めて行われた「大量生産」を前提にした手法で、「コンニャク判」と呼ばれる弾性のあるスタンプで少しづつ絵を付けてゆく方法です。手作業による軽工業であり、未熟練者にも作業できるため、大量生産が可能になりました。
 縁の模様は牡丹と、3種類の菊です。中央部には当時の慣習で松竹梅の文様がついています。19世紀から20世紀初頭にかけては白磁の日用品はまだ珍しく、高級品・貴重品のイメージを演出するため中華風のモチーフが多く使われていましたが、日露戦争前後からは和風のモチーフが使われることも多くなりました。この皿は和漢のモチーフが両方取り入れられています。
 この商品は製造から100年以上が経過しているため、底部に擦れがあります。また縁や外部等にに小さな凹凸、傷等があります。これらは製造当初からのものです。古物ですので返品・交換はお受けできませんのでご了承のうえご注文下さい。
食洗機、電子レンジの使用は、原理的には可能ですがこの食器はそれらの発明以前に作られた物の為、使用の可否は保障できません。

追加情報

重さ 385 g
大きさ 15.4 × 15.4 × 4.9 cm