水玉土瓶 8号

¥4980

日本で昔から使われている白磁の土瓶(tea pot)です。会社、工場、集会所、法事などほとんどの公共の場でなぜか使用されている定番品です。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

瀬戸(愛知県)や有田(佐賀県)で昔から作られている、白磁の土瓶(tea pot)です。
水玉模様は青く染めつけた生地を丸く削ったような手法で表現されていて、白い丸はほんの少し凹んでいます。
このデザインの土瓶は、昔からほとんどの官公庁、企業、工場、集会所、寺社など「人の集まる場所でお茶をいれる」ところで採用されていて、日本で最も「見覚えがある」定番のポットではないでしょうか。
内部には磁器で作られた網状の茶こしが取り付けられています。また、水切れを良くするビニールの口が付属しています。
内容量は約8合(1440cc)です。
※火にはかけられません。ヤカンではありませんのでご注意ください。
※サイズ表記の「高さ」は、持ち手を含まない数値です。

追加情報

重さ 751 g
大きさ 21.0 x 15.0 x 12.2 cm