水瓶 ポルトガル 20世紀(Water bottle/Portugal/20c.)

¥6800

ポルトガルの水瓶です。素焼きに簡単な白化粧をした軽いものです。
口や取っ手部分の複雑な形状が特徴です。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

20世紀に作られた、素焼きの水瓶です。白化粧にラフに描かれた紋様は、まるでアフリカの意匠のようにも見え、南欧の文化を一端が見られます。
この瓶は井戸などで水を汲み、そのまま飲むのに使うためのものと思われますが、口部分が二股になっていてメッシュ状のものが付いており、更に内部に丸い浮き球のようなものが入っているなど、不思議な構造をしています。
また、取っ手の真ん中に穴の開いた突起があることから、上の口から水を汲み(メッシュ状の部品はごみ等が入らないためのフィルター)、その場で飲む場合は取っ手の穴から飲む、浮き球は満水になった時に水が上からこぼれないように栓になる、ためだと思われます。
素焼きですので長時間水を入れておくと滲みだします。
古いものであり、一部に釉薬の剥がれや擦れ等がありますが、代品がありませんので返品・交換はお受けしていません。ご了承ください。

追加情報

重さ 1020 g
大きさ 23.3 × 18.0 × 25.8 cm