白磁フタ付き碗(蒸し碗) 戦時統制食器 3寸

¥1600

戦時中に物資統制のため全国一律の規格で作られた食器です。厚手の磁器で作られ、耐久性があります。
瀬戸で作られたと思われますが、産地符号がないため正確なところは不明です。汁物、蒸し物、盛り碗等として様々な用途に使える大きさに設計されています。
未使用新品。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

1938年(昭和13年)から1946年(昭和21年)まで存在した国家総動員法により日本国内の物資統制が行われ、新造される日用品・耐久消費財は一定の規格に沿って供給されることになりました。厚手の白磁に細い緑線を入れたシンプルな器類は、戦後他の柄やロゴを入れて業務用食器や会社のノベルティに転用されたケースが多く見られました。このフタ付き碗は戦時当時の状態のままの物です。
この碗は3寸(直径約9cm)の蒸し碗型ですが、蒸し物、汁碗、飯碗、おかずの盛り鉢等、色々な用途に使える大きさに設計されています。生地は砥部焼のように厚手ですが、これは耐久性を増して長期間使用できるようにするため(物資不足のため、割れても簡単に代わりの品が用意できないため)と、未熟練者でも製造できるように、ロクロではなく型込めで成型したためではないかと思われます。
出荷前の状態で保管されていたもののため未使用新品ですが、製造から70年以上経過しているため底等に擦れ等があります。生地に点や細かな凹凸等がありますが当時の製造環境によるものです。代品が無いため、返品や交換はお受け出来ませんのでご了承のうえご注文下さい。
表記のサイズはフタをした状態のものです。本体のサイズは9.5×9.5×6.9㎝、フタのサイズは10.7×10.7×2.6㎝です。

追加情報

重さ 334 g
大きさ 10.7 × 10.7 × 8.5 cm