砥部焼 そばちょく 矢 梅野製陶(Tobe noodie soup bowl/arrow)

¥1100

日本有数の磁器の産地、愛媛県の砥部焼のそばちょくです。
江戸時代から続く丈夫な器は、料理店でも数多く採用されています。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

商品カテゴリー: , 商品タグ: ,

説明

愛媛県の砥部焼は、18世紀に砥石を使った磁器として当時の大洲藩が開発したものです。当地ではそれ以前は陶器を製造していましたが、藩の財政を立て直すため、当時輸入品が中心の高級品だった磁器を開発し、藩の主要産業として成功しました。
特徴は、厚手の生地に淡い呉須で絵付けした素朴なデザインで、特に大きい筆致の唐草模様が有名です。
丈夫なことから、古くは江戸時代の屋台から、ショッピングセンターのフードコートのうどん屋に至るまで、店舗用の食器として多く使用されています。店屋物の食器として麺鉢、飯碗とならんで「そばちょく」は主力製品として作られています。
描かれている絵は、いずれも江戸時代からの伝統的な柄です。
そばちょくとして以外にも、茶碗蒸しや酢の物などの小付けとしてもお使いいただけます。

おおまかな容量 約150cc(8割ほど水を入れた場合)
 

追加情報

重さ 180 g
大きさ 8.5 × 8.5 × 6.9 cm