砥部焼 6,5寸平皿 小紋 梅野製陶

¥1800

日本有数の磁器の産地、愛媛県の砥部焼の平皿です。
焼き魚など、一人分のおかずを盛るのに丁度良いサイズです。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

愛媛県の砥部焼は、18世紀に砥石を使った磁器として当時の大洲藩が開発したものです。当地ではそれ以前は陶器を製造していましたが、藩の財政を立て直すため、当時輸入品が中心の高級品だった磁器を開発し、藩の主要産業として成功しました。
特徴は、厚手の生地に淡い呉須で絵付けした素朴なデザインで、特に大きい筆致の唐草模様が有名です。
この平皿は6,5寸(直径約18,5cm)で、洋食器としてはスタンダードな大きさのおかず皿です。焼き魚など一人分の料理を盛るのに丁度良い大きさです。和食、中華にも似合います。
梅野製陶は、江戸時代から続く、最もポピュラーな砥部焼の窯元です。

追加情報

重さ 399 g
大きさ 18.6 x 18.6 x 2.5 cm