手描き錦手7寸皿 大正 獅子牡丹/Hand paint dish/Lion&peony/1920/japan

¥2200

20世紀初頭ににほんで作られた、手描きと印判を組み合わせた平皿です。
本来丁寧に描きこむべき錦の皿を雑に描き飛ばしているのが、大量生産社会の端緒である大正頃の特色が表れている珍しい品です。

在庫あり

説明

おそらく大正頃(1920年前後)に有田もしくは瀬戸で作られた手描きの白磁平皿です。
複数の色を使った絵皿は錦と呼ばれ、本来丁寧に花鳥風月吉祥縁起を描写する高級なものなのですが、陶磁器に用いる顔料が化学合成され本来非常に高価だった「赤」が容易に使えるようになると、日用雑器を作っていた職人が庶民向けに錦(多色)を描くようになりました。
 本来雑器に付ける絵と錦手(工芸・美術品に近い)の絵は根本的に異なるものの、彼らが今までの手癖のまま描いたものは非常に荒っぽい、逆に趣のある珍品として現在は認識されています。
 この皿も、本来細かく描かないと高級感が出ない獅子牡丹、扇などが荒く描かれており、戦前のごく一時期にしか存在しなかった作風の記録となっています。
 この商品は製造後100年程度経過していますため、細かな傷や絵のカスレ等がある可能性があります。また手描きであるため、一点づつ微妙に異なる箇所があります。骨董品のため返品・交換等はお受けできませんのでご了承の上ご注文下さい。

追加情報

重さ 516 g
サイズ 21 × 21 × 4 cm