染付印判柄 白磁ラーメン鉢

¥1300

明治時代の一般的な器「染付印判」を復刻した白磁のラーメン鉢です。
ラーメン以外にも、煮物や汁もの等の器、盛り皿としてお使いください。
※写真右上の虫眼鏡マークをクリックすると、写真の全体像がウインドウで開き、ご覧になれます。

在庫あり

説明

「染付印判」とは、主に明治時代の日用食器に施されていた「スタンプによる絵付け」です。それまで手描きだった食器の柄が、スタンプで容易に付けられるようになったため、食器の全面がデザイン化された松竹梅、鶴亀、唐草、牡丹、などの絵で埋め尽くされるようになりました。手描きと異なり、大量生産=工業化=近代化を象徴するように様々な種類・デザインの柄が作られました。
大正から昭和になると食器に転写できる技術が向上したため作られなくなりますが、独特の華やかさと可愛さがあり、工業品でありながらぬくもりのあるこれらは日用品としての魅力があります。
当時のデザインと同じものを現代の技術で大鉢に染め付たのがこの製品です。印判の復刻は大量生産が前提になるので今まで行われた形跡はなく、当店の知る限りこのラーメン鉢が初めてです。ラーメンだけでなくそばやうどんに、煮物の盛り鉢や汁物の器としても、和食一般にお使い下さい。
電子レンジ、食洗機に使用できます。
満水容量700cc。

追加情報

重さ 543 g
大きさ 19.0 x 19.0 x 7.2 cm