竹 買い物籠 弁当箱サイズ/Bamboo shopping basket/lunchbox size

¥1430

昭和中期までは一般的に買い物籠として使われていた竹の市場カゴです。
ランチバックをイメージしたサイズで、ペットボトルと弁当箱などを入れることが出来ます。

在庫切れ

説明

昭和中期(昭和40年ごろ)まで、一般家庭の買い物(主に食品類の、毎日の買い物)に使われていた竹のカゴです。「市場かご」と呼ばれていました。
四角い箱型に編んだ竹かごに、ビニール管をかぶせたロープを持ち手にした形状が特徴で、卵や豆腐を平置きするためにマチが広めになっていることも特徴です。
 大型スーパーやショッピングモールが存在せず、大型冷蔵庫が普及する以前の時代の買い物は、根菜や調味料を除いて「その日に食べる食材のみ」を買う行為であったため、家族の人数に応じた量のみを購入するので様々なサイズが作られていました。
 
 このサイズは昔の市場カゴをモデルにしてサイズを縮小したもので、「カップサイズ」より一回り大きく「ランチバッグ」をイメージしてペットボトルと弁当箱等を持ち運ぶのに最適です。(曲げわっぱやドカベンのような弁当箱を想定しており、大型のブック型弁当箱やコンビニ弁当等の「上げ底容器」は入りませんのでご了承ください。)
 4個入りの卵の容器や小型の豆腐パックなども入ります。小物入れとしても使えます。

 和装の服飾品によく使われる高級なものではなく、生活用品ですので念のためご理解ください。

追加情報

重さ 127 g
サイズ 21 × 16.5 × 14 cm